ボニックをお風呂で使う3つのメリット

夏までに引き締める!

最新EMSマシン「ボニックプロの体験レビューはこちら

ボニックはお風呂でも使えるの?

ボニック,お風呂

 

ボニックは完全防水なのでお風呂でも使うことができます。数あるEMS機器の中でも、防水対応は珍しいです。

 

実際に管理人もお風呂でボニックを使用しています。お風呂に入るときはボニックも一緒に使うと決めているため、飽き性な私でも継続して使用できています。

 

ボニックをお風呂で使うと以下の3つのメリットがあります。

  1. ジェルが冷たくない
  2. リラックス効果がある
  3. ダイエット効果が高まる

 

ジェルが冷たくない

単純な理由ですが、お風呂でボニックを使うとジェルの冷たさが緩和されます。ボニックの専用ジェルは体に塗るため、使用するとヒヤッとします。

 

特に冬はエアコンを付けた部屋かお風呂の中でなければ、寒がりの方は使用できないでしょう。夏場は冷たくて気持ちいいのですが、冬はお風呂で温まりながら専用ジェルを使うといいでしょう。

 

リラックス効果がある

お風呂でボニックを使用すると、精神的にリラックスしながらボディケアができます。リラックスすることは精神的な癒やしになるだけでなく、ダイエット効果も高めてくれます。

 

ダイエット効果を高める理由はセロトニンです。ストレスが溜まるとセロトニンが不足して過食気味になり太りやすい体質を作ります。ストレスがたまっている状態でボニックを使っても余計イライラして逆効果になりかねません。

 

お風呂に入れば、自然にリラックスすることができるため、セロトニンも増えますしダイエットを行なうには最適な体となります。よりリラックス効果を高めたい方は、お風呂の中でアロマキャンドルを焚いたり、リラクゼーションミュージックを聞くなど工夫してみましょう。

 

ダイエット効果が高まる

お風呂の中でボニックを使うべき最も大きな理由はダイエット効果が高まることです。お風呂で体を温めると、血行が良くなり新陳代謝が高まります。

 

新陳代謝が高まれば、平常時にダイエットをするよりも消費するカロリー量が大きくなります。そのため、新陳代謝が高まっている状態でボニックを使うと、通常より早くダイエット効果を得ることが可能です。

 

お風呂の中でボニックを使えば、超音波モードとEMSで脂肪を破壊しながら、一気に筋肉をつけて引き締めることができます。

 

湯船では使えないので注意

ボニックは防水加工で丸洗いもできるのですが、水の中に入れることはできません。そのため、お風呂で使う場合は湯船の中に付けないように気をつけましょう。感電することはありませんが、家電製品なので万が一の危険にも備えることが大切です。

 

また、湯船で使うと超音波振動が散乱して効果が薄れます。必ず湯船の外で使用するようにしましょう。

 


ボニックプロ