口コミ検証!でシックスパッドで効果がない人に共通する4つの理由

夏までに引き締める!

最新EMSマシン「ボニックプロの体験レビューはこちら

シックスパッドって本当に効果あるの・・・?

シックスパッド

 

話題のEMSマシン、シックスパッド。クリスティアーノ・ロナウドが宣伝していることでも有名ですよね。

 

この記事では、シックスパッドの効果について徹底解説。効果が出ない人の共通点や効果的な使い方まで詳しく説明しています。シックスパッドを使って本当に結果が出るのか気になっている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

シックスパッドの特徴

シックスパッドはEMSの電気刺激によって筋力を強化するトレーニング機器です。楽して痩せることよりも、プロのアスリートでも使える本格的なトレーニングを目的としています。20Hzの低周波EMSで刺激を与えるシックスパッドは、効率よく筋力を強化できます。

 

他のEMSマシンと比べて痛みが軽減されているのも特徴的です。見た目の変化が分かりやすい速筋をメインに鍛えるため、引き締め効果を実感しやすいです。トレーニングモードの時間は23分。薄さ3mmのシックスパッドが服の下で動き続けます。

シックスパッドで効果が出ない4つの理由

シックスパッドを使って効果が出ない人には以下の共通点があります。

 

理由1 同じ部位で使い続けている

例えば、脚痩せしたいからと毎日太ももにシックスパッドを当てている場合は、いつまで経っても効果が現れません。筋肉を付けるには筋繊維の破壊と修復を繰り返す必要があります。つまり、シックスパッドで破壊した筋繊維は修復するための休息が必要なのです。

 

気持ちは分かりますが、いつも同じ部位にシックスパッドを当てていてはなかなか効果が出ません。トレーニング後の休息のとり方については次章で解説します。

 

理由2 そもそも脂肪を減らすアプローチではない

シックスパッドは脂肪を減らすアプローチではなく筋力維持・筋力アップのアプローチを取ります。そのため、引き締め効果はあっても体重はなかなか落ちません。

 

ダイエット目的でシックスパッドを使用している方は、体重を落とすことを一番の目的としているでしょう。ですので、実際に落ちない体重を見ていると、シックスパッドは効果なしと思ってしまうのです。

 

理由3 最低2ヶ月の継続が必要

シックスパッドに限りませんが、EMSマシンは最低でも2ヶ月は継続的に使用しないと目に見えた効果は現れません。短期で成果を出したいなら、シックスパッド以外にも食事制限や筋トレが必要となってきます。

 

また、シックスパッドは筋肉を付けるアプローチとなるため、筋肉太りの方は効果を得にくいでしょう。人によっては3ヶ月以上継続する必要性があります。

 

理由4 やり方が間違っている

単純なミスですが、シックスパッドの使い方を間違っている場合は、当然ながら効果を得ることはできません。特に気をつけたいのがアブズフィット・ボディフィットの貼る位置です。助骨と骨盤の間に貼るアブズフィットは位置取りが難しく、慣れるまではずれやすいです。

 

操作方法は簡単なのでミスは無いと思いますが、もう一度説明書を見ながら正しい使い方を理解する必要があるでしょう。また、粘着力が弱まったジェルシートを勿体無いからと使い続けるのもNGです。

 

効果なしの口コミから分かること

シックスパッドの口コミはネット上で数多く見つかります。中でも多いのが、以下のような口コミです。

 

シックスパッドの悪評

 

よく見られるこのタイプの口コミからは以下のことが分かります。

 

(1)効果の定義と目的がバラバラ

まず、継続したと書いてありますが、人によっては1週間で継続と言う方もいますし、1ヶ月で継続という方もいます。さらに厄介なのが、効果が出るとは一体どういう状態を指しているのでしょうか?ウエストが何cm縮まったか、筋力量が何%アップしたのか、体重が何キロ減ったのか、など人によって効果ありの定義はバラバラです。

 

ダイエットの正しい効果測定は素人では難しいです。中には、本当に効果がなかった方もいますが、あまり口コミは鵜呑みにしない方がいいでしょう。

 

(2)女性と男性の違い

女性は男性よりもシックスパッドの効果が出始めるのが遅い傾向にあります。その理由は男性の方が、女性より筋肉が付きやすいからです。皮下脂肪が多い女性は、そう簡単に筋力を付けることができません。平均体脂肪率もまったく違いますよね。

 

また、基礎代謝量も一般的には男性の方が多い傾向にあります。女性の場合はシックスパッドの継続期間を3ヶ月くらいは見ておいた方がいいでしょう。筋力が付きにくい体質なら、効果が出るまで我慢強さが求められます。

 

シックスパッド

プロが教えるシックスパッドの効果的な使い方

ここから、シックスパッドの効果を上げる使い方について詳しく解説していきます。

 

※筆者が通うジムでパーソナルトレーナーを10年以上行っている方に監修して頂きました

 

1 超回復の活用

シックスパッドで痩せるなら、休息もトレーニングと同じくらい大切です。筋肉痛が起きていない場合でも、シックスパッドを使用したら同じ部位は48?72時間休ませましょう。この時間は超回復に必要な時間です。

 

超回復の期間はタンパク質を摂取するのが望ましいです。プロテインまでは飲まなくていいので、意識して取り入れましょう。なお、シックスパッドは同じ部位に連続して使用しなければOKので、部位を変えれば毎日使っても問題ありません。

 

2 下半身を重点的に鍛える

痩せやすい体を鍛えるなら、下半身を重点的に鍛えた方がいいです。全身の筋肉のうち3分の2は下半身に集中しています。そして、下半身を鍛えれば基礎代謝が上がり、運動しないでも自然に消費されるエネルギー量がアップします。

 

下っ腹や二の腕が気になる方もまずは太ももをトレーニングしてみましょう。下半身中心のメニューを組んでシックスパッドを使ってみてください。

 

3 トレーニングのタイミングを定める

シックスパッドの効果を上げる使用タイミングは食後2時間後です。筋肉を発達させるには栄養が重要です。そのため、栄養が不足している朝や空腹時はあまりトレーニングの時間に向いていません。

 

寝る前もルーティンにしやすいのですが、神経が高ぶって寝付きが悪くなる可能性があります。ベストタイミングは食後1.5?2時間空けた状態となります。食事の時間や食べ物まで神経質にこだわらなくてもいいので、シックスパッドを行うタイミングだけまずは整えてみましょう。

シックスパッドの口コミと使用感

ここではシックスパッドを実際に使って効果を確かめてみました。

 

実際に使用した感想

シックスパッドはアブズフィット、ボディフィットの両方でお腹と太ももを中心に部位を上手くルーティンしながらほぼ毎日使用しました。二の腕も引き締めたいのでアームベルトも使います。

 

シックスパッド 脚に利用

 

シックスパッドは薄くて軽いので旅行先でも持ち運びできます。23分間のトレーニングはもちろん全自動で動いてくれますが、使用後は適度な疲労感があります。シックスパッド以外は、小麦粉だけ糖質制限しました(グルテンフリー)。途中何度も筋肉痛になりましたが、同時に確かな手応えを感じます。

 

2ヶ月後の成果

シックスパッドを2ヶ月使用したところ、たるんだお腹、二の腕、太ももがだいぶ引き締まりました。約2.5kg減と派手な結果ではありませんが、実際に数字でも成果が出ていることが分かります。

 

シックスパッドの成果

 

シックスパッドは食事制限やジムのトレーニングと違って継続しやすいのが魅力です。また、脂肪を落とすのではなく筋力を付けることで引き締め効果を狙うアプローチなので、痩せた後の体型維持も期待できます。結果が出たからと調子に乗らずに、このままシックスパッドを続けていきたいと思います。

 

シックスパッド

シックスパッドに関するQ&A

アブズフィットだけで腹筋割れする?

結論から言うと難しいと思います。ボディフィットも同様です。シックスパッドを使えばクリスティアーノ・ロナウドみたいになれる・・と考えている方はいないと思いますが、少しくらいはムキムキになれるのでは?と期待してしまいます。

 

しかし、いくら速筋を鍛えるシックスパッドでも腹筋割れするまでの効果は無いでしょう。ただし、通常のトレーニングにシックスパッドを併用すれば、腹筋割れまでの道のりは非常に効率的です。

 

シェイプスーツは効果あり?

シェイプスーツとは、シックスパッドの派生商品でウエストの引き締めを目的とした加圧式のシェイプアップ商品です。着圧によるインナーマッスルの強化を狙ったシェイプスーツですが、ハッキリ申し上げると買わなくてもいいと思います。

 

まず、シックスパッドに比べて明らかに効力が弱い。当然EMS機能も無いため、着圧で痩せるにはかなり根気がいります。また、代謝アップを狙ってサウナ機能を備えた生地となっていますが、汗が大量に出るため外出時に使用しにくいです。

 

着圧系の商品を買うなら、むくみ解消に繋がる着圧ソックスの方がいいでしょう。6800円の買い切りなので試してみたい方は購入されるといいと思いますが、筆者としては不要であると判断させて頂きます。

 

肥満体型でもダイエットできる?

シックスパッドはどんな体型の方でもおすすめできます。ただ、肥満体型の方はEMSマシンだけでは効果が出るまで時間がかかるでしょう。

 

EMSは皮下脂肪を落とすのではなく、筋力を付けるアプローチを取ります。つまり、肥満体型の方は筋肉を付けるよりも、まずは蓄えすぎた贅肉を落とす必要があるため、食事療法や有酸素運動は必要です。

 

楽そうだからシックスパッドを使いたい、という気持ちも分かりますが、肥満の方は半年くらいは継続する覚悟が必要となります。

 

シックスパッド

 

ボニックプロ