完全比較!ダイエットに効果的なEMSマシンおすすめ5選

夏までに引き締める!

最新EMSマシン「ボニックプロの体験レビューはこちら

EMSダイエットで痩せたい!

ダイエット

 

EMSダイエットは、痩身エステに通わなくても自宅で手軽に始めることができます。しかし、数多く存在するEMSマシンから、自分にぴったりの機器を見つけるのは困難です。

 

この記事では、おすすめのEMSマシンを厳選。初めてのEMSダイエットでも成果の出せる機器を絞り込みました。その他、EMSダイエットの効果やEMSマシンの使い方についても解説しています。ぜひ、参考にして下さいね。

そもそもEMSダイエットとは?

まずはEMSダイエットについて詳しく見ていきましょう。

 

EMSの効果

EMSとはElectrical Muscle Stimulationの略称です。直訳すると、「筋肉に電気的な刺激を与える」となります。

 

筋肉に電気的な刺激を与えるEMSは以下の効果があります。

  • 強制的に筋肉を収縮させて筋力アップさせる
  • 基礎代謝を上げて痩せやすい体を作る

EMSは皮下脂肪を除去して体重を減らすというより、筋力アップすることで引き締め効果を狙います。EMSの効果は賛否両論ありましたが、近年は海外の研究機関で実際に効果があったことが発表されています。

 

参考文献(英文):https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3880086/

 

プロのアスリートや医療機関でも使用されるEMSは、その効果が世界中で認められています。

 

EMSダイエットのメリット・デメリット

EMSダイエットには以下のメリット・デメリットがあります。

 

メリット
(1)自宅でトレーニングできる

EMSマシンを購入する方のほとんどが、自宅で手軽にトレーニングできることを理由に挙げています。忙しい方はもちろん、ダイエットジムに行くのは恥ずかしいという方もEMSマシンを愛用する傾向があります。

 

(2)痩せたい部位だけ部分痩せできる

食事制限や運動によるダイエットは、体全体を痩せさせるアプローチです。しかし、EMSの場合は二の腕や太ももなどピンポイントで部分痩せすることが可能です。特に、脚痩せやヒップアップは若い女性の間で需要が高まっています。

 

(3)筋力維持、便秘解消にも繋がる

加齢とともに落ちていく筋力はEMSによって維持することが可能です。EMSは筋繊維を壊すことで筋肉痛を引き起こす場合がありますが、このプロセスが筋力維持になります。また、お腹周りにEMSを使う場合、周波数振動によって腸もみのような効果を得られるため便秘解消効果も高まります。

 

デメリット
(1)過度なダイエット効果は期待できない

テレビCMで腹筋がバキバキに割れたモデルさんがEMSマシンを宣伝しています。しかし実際は、EMSマシンだけで腹筋を割ったり、筋肉隆々の体になれるわけではありません。ダイエット効果は見込めますが、アスリート並みに体を絞る場合は、EMSマシンだけでなく通常のトレーニングも必要となります。

 

(2)高額商品が多い

EMSマシンは特殊な周波数を出す電子機器なので、開発には技術力が必要となります。そのため、価格帯は通常のダイエット器具よりも高いです。本格的な業務用EMSなら30万円を超える場合もありますが、ダイエットを目的とした家庭用のEMSマシンは3〜5万円程度が相場となっています。

 

(3)痛みを生じる場合がある

筋肉痛の他にEMS独特のピリピリとした痛みが生じる場合があります。最近のEMSマシンはだいぶ痛みが軽減されましたが、はじめての方は慣れるまで時間がかかるかもしれません。多くのEMSマシンはレベル調整ができるため過度に心配する必要はありませんが、痛みが生じる可能性があることを覚えておきましょう。

 

EMSダイエットがおすすめな人

EMSダイエットは以下の方におすすめです。

  • 他のダイエットが続かなかった
  • 運動するのが苦手
  • 忙しくてジム・痩身エステに通えない
  • 脂肪を落とすより筋力アップのアプローチを取りたい
  • ダイエットだけでなく痩せた体を維持したい

EMSの効果・性質から上記に当てはまる方がEMSダイエットに向いています。簡単に、楽して・・・という言葉がよく聞かれますが、EMSダイエットは手軽に始められる上、ながらダイエットもできるので続けやすいです。

 

その他、忙しくてダイエットする暇が無い方や、筋肉量をアップさせたい方にも向いています。リバウンドしやすい方も、痩せた後に体型維持ができるEMSダイエットはおすすめですよ。

 

EMSマシンの選び方

EMSマシンは以下の方法で選びましょう。

 

(1)周波数・レベルの調整が可能

EMSマシンは周波数やレベル(強度)を変えられる可変式のタイプがおすすめです。周波数は干渉波タイプ(2つの周波数を出力)なら、さらに効果を見込めます。レベル調整機能は部位や筋力量によって微調整するために必須です。

 

(2)充実したプログラム機能がある

単にEMSの電気刺激を出力するだけのマシンより、キャビテーション機能やトレーニングモードが使えるEMSマシンの方がおすすめです。プログラムが充実しているEMSマシンはダイエット効果だけでなく飽きずに長く続けられるメリットがあります。

 

(3)ダイエット・引き締め効果に特化している

EMSはダイエットだけでなく腰痛、肩こり改善を目的とした機器もあります。あらゆる機能が使えるのは便利ですが、広く浅い効果となるため劇的な体の変化は望めません。EMSマシンはダイエットや引き締めの効果に的が絞られている機器を選びましょう。

EMSマシンおすすめランキングTOP5

ここから、口コミ評価と機能性を軸におすすめのEMSマシンを紹介していきます。

 

ボニックプロ

ボニックプロ

 

価格:23400円 

 

1台でRF(ラジオ波)、キャビテーション、EMSの機能を兼ね備えたボニックプロ。高機能なわりにコスパがいいので愛用者が多いです。前作のボニックから数えると異例のロングセラーとなっています。

 

EMSの周波数は可変式で、揉む・叩く・押す出すといった作用があります。他のEMSと比べて、十分にHOTモード(RF+キャビテーション)で肌を温めた後にEMSを行うので、ダイエット効率が高いです。防水機能付きでお風呂でも使用可能。施術時間は5分程度と短いことも高評価です。

 

口コミ

本体は手に収まるサイズで、太もも・ふくらはぎ・お尻などお腹以外にも使用しています。体質的に痩せにくいのですが、お腹周りのセルライトを中心に効果を実感しています。現在はウエストにくびれを作るため毎日2回使用しています。施術時間が5〜10分程度なので、途中で辞めずに継続できています。

 

公式サイトはこちら

 

口コミはこちら

 

シックスパッド

シックスパッド

 

価格:腹筋専用 23800円、ウエスト・脚・腕 17800円

 

クリスティアーノ・ロナウドのトレーニング理論を組み込むシックスパッド。プロのアスリートからヨガインストラクターまで絶賛するシックスパッドはプロ向けの本格的なEMSマシンです。トレーニング時間は23分とやや長いですが、ウォームアップからクールダウンまでしっかりとボディメイクができます。

 

ダイエット効率がいい20Hzの低周波を使用していて、ピリピリとしたEMS特有の痛みも押さえられているのが特徴的です。本体も非常に薄いため服の下でも目立ちません。

 

口コミ

ジェル交換にコストがかかるのがマイナス点ですが、機能面は大変満足しています。使用して翌日に筋肉痛を感じましたし、実際にウエスト周りがすっきりしてきました。専用アプリを使えばスマホで操作できる点も気に入っています。薄型なので別の作業をしながらでも使用できています。

 

公式サイトはこちら

 

キャビスパRFコアEX

キャビスパRFコアEX

 

価格:45000円

 

キャビスパRFコアEXは高機能なEMSマシンでダイエットだけでなくバストアップやフェイスケアもできます。RF(ラジオ波)、キャビテーション、EMSを搭載するキャビスパRFコアEXは痩身エステの業務用EMSマシンと同レベルの機能です。

 

干渉波(高周波+低周波)を利用するEMSは凝り固まった脂肪層までアプローチしてくれます。手のひらに収まりやすいサイズ感も女性に人気です。

 

口コミ

価格は高かったですが、確かに太もものセルライトが揉みほぐされました。施術後の肌も柔らかくなり満足しています。防水機能があるので、お風呂で使えるのも嬉しいです。可愛い見た目ですが、ウエストのくびれも期待できるのでこのまま使い続けてみます。自宅でキャビテーション、フェイスケアができるのでコスパも思ったより悪くないです。

 

公式サイトはこちら

 

スレンダートーンアブベルト

スレンダートーンアブベルト

 

価格:19850円

 

世界で800万台以上を売り上げるEMSマシン、スレンダートーンアブベルト。ベルトタイプのEMSマシンでは最も有名です。スレンダートーンアブベルトは3つのパッドで300回の腹筋運動に相当する効果が得られます。

 

プログラムも10種類と豊富で飽きることはありません。腰に巻くベルトはウエストサイズに合わせて延長することが可能です。女性の方はヒップショーツ(24800円)も別売りで購入できます。

 

口コミ

毎日使っていると、お腹周りが少しくびれてきました。1ヶ月の結果は体重が-2kgでウエストは-3.5cmです。スレンダートーンを使うと筋肉痛になるので、確かに効いていることが実感できます。運動と食事にも気を使えば、さらに体重を落とせると思っています。

 

公式サイトはこちら

 

3D Shaper

3D Shaper

 

価格:31104円

 

ライザップがプロデュースするEMSマシン、3D Shaper。2018年3月に発売されました。最大の特徴はなんといってもライザップ独自のボディメイクプログラムが組み込まれていることです。自宅にいながらライザップのメニューを体感することができます。

 

EMSの周波数は5〜80Hzの可変式で、3つのモード(シットアップ、クランチ、プランク)を選択します。女性のくびれ作りをメインに、8つのパッドがウエスト全体をケアしてくれます。

 

口コミ

※執筆時点で信頼できる口コミはありません、今後の掲載をお待ち下さい

 

公式サイトはこちら

目的別のおすすめEMSマシン8選

総合ランキングの次は目的別のおすすめEMSマシンを見ていきましょう。

 

ベルトタイプのおすすめEMSマシン

スレンダートーンアブベルト

 

価格:19850円

 

ベルトタイプのEMSで最も売れているスレンダートーンシリーズ。ベルトの内側にパッドを張って、あとは腰にしっかりと固定します。ボディメイク中は手が空いているので、仕事や家事、通話も可能です。ウエストが太い方は、20cmの延長ベルトも同時に購入しましょう。

 

公式サイトはこちら

 

腹筋効果の高いおすすめEMSマシン

干渉波EMSパーフェクト4500

干渉波EMSパーフェクト4500

 

価格:151200円

 

名前通り干渉波のEMS振動が最大のウリの干渉波EMSパーフェクト4500。干渉波なら通常の低周波では届かない筋肉の深部までアプローチできます。楽天ランキングではダイエット器具全体で1位を取ったこともあり、玄人向けの本格機器です。

 

筋肉の動き方も他のEMSマシンとは明らかに違い、得られる腹筋効果は国内最高レベルとなっています。価格が非常に高いため、通常のEMSマシンを使ってから、満足できなくなったら乗り換えるといった使い方がおすすめです。

 

公式サイトはこちら

 

アブトロニックX8

アブトロニックX8

 

価格:14800円

 

1000万台以上の売上を誇るアブトロニックシリーズ。中でもアブトロニックX8は、ダイエット器具ではなく腹筋トレーニングギアのコンセプトを打ち出しています。1分間で400回相当の腹筋運動を行うアブトロニックX8。8つのパックでお腹中央の腹直筋を中心に鍛えてくれます。

 

本体は非常に薄く補助ベルトも同梱されているので位置がずれにくいです。価格が比較的安価なのも人気の理由です。

 

公式サイトはこちら

 

価格が安いおすすめEMSマシン

VアップシェイパーEMS

VアップシェイパーEMS

 

価格:10980円

 

芸能人のヒロミがプロデュースするVアップシェイパーEMS。低周波と中周波のEMS振動でインナーマッスルまで鍛えることが可能です。ボタンは1つだけの操作で非常にシンプルなVアップシェイパーEMS。3つのモードで周波数を変えることができます。

 

わずか20gの重量でコンパクトなのは魅力ですが、裏を返せばアプローチの面積が小さいのでややダイエット効率には欠けます。価格が安いので、お試しでEMSマシンを使ってみたい初心者の方におすすめです。

 

公式サイトはこちら

 

業務用のおすすめEMSマシン

LMH33

LMH33

 

価格:99999円

 

20〜30万円が当たり前の業務用EMSマシンの中では比較的安価なLMH33。誰もが知る超有名エステサロンでも実際に導入されている機器です。

 

機能はEMSの他にRFとキャビテーションが利用可能。家庭用のEMSマシンと比べてより深層部の脂肪細胞にアプローチできます。EMSパッドは10枚の利用が可能。個人利用を想定していないため、購入はエステサロンの経営者がおすすめです。

 

公式サイトはこちら

EMSマシンの効果を上げる使い方

EMSマシンの使い方自体は非常にシンプルで、基本的には痩せたい部位に押し当てるだけです。EMSの電気刺激を和らげるため、専用ジェルやパッドを使う違いがありますが、どのEMSマシンも使い方に大きな違いはありません。

 

ここでは、単純な使い方ではなくEMSマシンの効果をさらに上げる方法を解説していきます。

 

(1)超回復を利用する

超回復とは壊れた筋繊維が回復するまでの時間を指します。およそ24〜48時間が必要で、筋トレに詳しい方なら必ず設けている休息期間です。EMSダイエットも超回復の理論を実践するとより効果的です。

 

やり方としては、毎日同じ部位に使用するのではなく、少しずつずらしながら使います。例えば、お腹→太もも→二の腕→お尻といったやり方で、全体をまんべんなくケアするのではなく、日によって施術する部位を変えていきます。

 

このやり方なら、部位ごとに休息期間ができるので、自然に超回復ができます。ダイエッターだけでなくボディビルダーも取り入れているテクニックなので、ぜひ実践してみましょう。

 

(2)2ヶ月以上は継続する

あまりに単純ですがEMSダイエットは、最低2ヶ月は継続しないといけません。口コミでは1ヶ月程度で効果が出たとの書き込みがありますが、ヤセ体質だったために効果が早かったのだと思われます。

 

通常のEMSダイエットは2ヶ月は使用しないと目に見えた変化が無いので、ある程度の根気は必要です。とは言え、運動や食事制限と違いEMSダイエットは強い意思が不要なので、継続しやすいと思います。

 

EMSマシンの注意点

EMSマシンは以下の部位に使用することはできません。

  • 陰部
  • 妊婦のお腹

顔と胸は特別に使用できるよう設計されたEMSマシンなら利用可能です。妊婦の場合は、理論上はお腹以外の箇所なら使用できますが、大事を取って出産するまでEMSダイエットは行わない方がいいでしょう。その他、肌に異常がある場合や体調を崩している時期はEMSマシンの使用は控えましょう。

EMSダイエットに関するQ&A

医療用のEMS機器との違いは?

医療用のEMSもダイエット用と仕組み自体は同じです。ただし、施術の目的が少し違います。

 

病院や整骨院のEMS機器は、

  • 肩こり・腰痛改善
  • リハビリ補助
  • 関節・神経痛の痛み除去
  • 筋力トレーニング

などを目的としています。筋力トレーニングはダイエットではなく弱った体を鍛えるアプローチとなります。

 

EMSマシンだけで筋肉は付く?

EMSだけでもインナーマッスル・深層筋を鍛えることができます。ただし、腹筋を割るなど表面の筋力はEMSマシンだけでは難しいでしょう。やはり、重量のある負荷を加えないと、いわゆるバキバキの体にはなりません。EMSマシンの限界は、たるんだ体を引き締める程度の筋力アップであると心得ておきましょう。

 

顔にEMSマシンを使ってもいいの?

顔用と書かれていないEMSマシンは絶対に使用してはいけません。顔は皮膚が非常に薄いため、EMSの電気刺激には耐えられません。たるんだ頬なら大丈夫などと自己判断しないようにしましょう。顔用のEMSマシンなら、レベルが調整されているため使用しても問題ありません。

 

産後ダイエットに使える?

EMSマシンは産後ダイエットに最適です。産後の体型戻しは想像以上に苦戦します。以前よりも体力が落ちているため運動もはかどりませんし、育児で時間もなかなか取れません。そんな時に役立つのが、自宅でトレーニングできるEMSマシンです。

 

ベルトタイプなら家事を行いながらも施術できます。妊娠中は使用してはいけませんが、産後のEMSダイエットは非常におすすめです。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

この記事ではEMSダイエットをしたい方に向けて、おすすめのEMSマシンを紹介してきました。それぞれ特徴が違いますが、やはり可変式で使いやすいタイプが人気です。

 

価格帯はバラバラですが、初めてのEMSマシンなら3万円程度の機器から始めるといいでしょう。EMSダイエットを行う場合は、超回復を利用して効率的に部分痩せしていきましょう。

ボニックプロ