体験談あり!ボニックプロでお腹痩せする理由を全解説

ボニックプロでお腹痩せしたい

ボニックプロ

 

ボニックプロでお腹痩せできるの・・・?

 

ダイエットで痩せたい部位といえば、ぽっこりしているお腹ですよね。特にボニックプロはEMS機能が使えるので、引き締め効果を期待してしまいます。産後太りの方も元の体型に早く戻したいでしょう。

 

この記事では、ボニックプロのお腹痩せ効果について徹底解説。なぜお腹に効くのか、どうやって使えばいいのか、実際に使ってどうだったのか?詳しく解説していきます。ぜひ、参考にしてくださいね。

ボニックプロでお腹痩せする仕組み

まずはボニックプロでなぜお腹痩せができるのか?詳しい仕組みを見ていきましょう。

 

HOTモード

ボニックプロは2つのモードが使えます。そのうちの一つがHOTモードです。HOTモードは痩身エステでもお馴染みのキャビテーションとRF(ラジオ波)を使用します。どちらも特殊な超音波を発します。

 

キャビテーションは、セルライトを作る脂肪組織を体外に押し出す作用があります。皮下脂肪、内臓脂肪にも効果的で、キャビテーション目当てで痩身エステに通う方も多いです。

 

RF(ラジオ波)は、じんわりと皮膚の奥から肌を温める効果があります。HOTモードを使うことで、お腹にたまったセルライトを流しやすくなります。メイン機能は後述するSHAPEモードなので、あくまでも準備運動として使うモードですが、お腹痩せしたいなら欠かせない機能です。

 

ホットヨガを始め、体を温めることで代謝を上げることは言わずと知れたダイエットの常套手段です。

 

SHAPEモード

HOTモードでお腹を温めたら、今度はSHAPEモードで本格的にたるんだ脂肪を引き締めます。SHAPEモードはキャビテーション+EMSでお腹の脂肪に刺激していきます。キャビテーションはHOTモード同様にセルライトに対してアプローチします。

 

そして、EMSはキャビテーションと違い、筋肉を電気信号によって強制的に刺激して、筋トレに近い効果を促します。アスリートも利用するEMSですが、継続的に使用すると筋肉痛になり体が引き締まっていきます。

お腹痩せに効果的な使い方

ここでは、お腹痩せできるボニックプロの使用方法について解説します。

 

ボニックプロの当て方

ボニックプロをお腹に当てる場合は、脇腹からおへそに向かって外から中へ当てていきます。事前準備として専用ジェルはしっかりと塗っておきましょう。施術時間は5分が目安です。レベルは3段階ありますが、お腹の場合は中から強がおすすめです。

 

もちろん、お腹だけでなく太もも、二の腕、お尻も同時に施術して構いません。

 

さらに効果を上げるには?

お腹痩せの効果をさらに上げるために、以下のアプローチを取り入れてみるといいですよ。

 

(1)お風呂で使ってみる

ボニックプロは防水機能が付いています。そのため、お風呂の中でも使用可能です。お風呂で使うと、むくみ解消や冷え性改善にも効果的です。また、半身浴すればデトックス効果も得られるため、ダイエット効率が上がります。

 

お風呂でボニックプロを使うと、お腹痩せに限らず下半身痩せにも効果的なので、気分転換に使用してみるといいでしょう。

 

関連記事:お風呂でボニックプロを使う方法

 

(2)腸もみを取り入れる

下っ腹がぽっこりしている方は、脂肪のたるみだけでなく腸が垂れ下がっている可能性があります。そんな方は腸もみマッサージを取り入れるといいです。腸もみは便秘解消にも繋がります。

 

腸もみのやり方は、左右の脇腹と助骨の下を揉みほぐします。深呼吸しながら2?3分繰り返しましょう。脇腹と助骨の下を揉みほぐした後は、おへそを中心にぐるぐると円を描くようにさすります。これを時間のあいた時に続ければ、ダイエット効率が上がるのはもちろん便秘解消にも効果的です。

実際にボニックプロを使用した感想

お腹痩せの効果を確かめるために、実際にボニックプロを使いました。懸念していた痛みですが、口コミで言われているほど痛くありません。痛みの口コミは恐らく前作の「ボニック」を指していると思われます。ボニックプロではかなり改善しているようです。肝心の効果ですが、1ヶ月の使用でウエスト周りが引き締まってきました。

 

お腹痩せ

 

くびれができるほどではありませんが、確かなダイエット効果を感じます。大体3?5cmほどのダウンでしょうか。派手な結果ではありませんが、ボニックプロを毎日続ければ手応えは感じられます。効果は個人差があるため、なんとも言えませんが、ボニックプロがロングセラーを続ける理由がよくわかった気がします。