騙されるな!ボニックとボニックプロの違いを完全比較

夏までに引き締める!

最新EMSマシン「ボニックプロの体験レビューはこちら

ボニックとボニックプロの違い

健康コーポレーションから販売されているボニック&ボニックプロ。同じメーカーですが、両者は何が違うのでしょうか?

 

この記事では、ボニックとボニックプロの両方を所有する管理人が、両者の違いを詳しく解説していきます。機能の違いを知りたい方、どちらを購入すればいいのか迷っている方は参考にしてみて下さいね。

 

スペック比較表

ボニックとボニックプロのスペック比較です。

 

項目 ボニック ボニックプロ
発売日 2010年6月 2016年7月
重量 320g 263g
機能 超音波、EMS RF、キャビテーション、EMS
防水 あり あり
プレート面積 7.5cm 4cm
出力レベル 3段階 3段階
ジェル ボニックジェル ボニックジェルプレミアムリフト
価格 15920円 20420円
初回価格(定期コース) 5960円 9460円

 

結論はボニックプロがおすすめ

各項目の比較に入る前に、結論から言いますとボニックよりもボニックプロの方がおすすめです。理由としては、ボニックプロの方が機能面で大幅にバージョンアップしているからです。

 

ボニックプロはエステサロンでも使用されるキャビテーションやRF機能が標準搭載。また、ボニックジェルの成分も向上しています。価格はボニックプロの方がやや高いですが、ダイエット効果を考えるとボニックプロを選ぶべきです。

 

ボニックの公式サイト

 

項目別比較

ボニックとボニックプロの違いについて、さらに詳しく見ていきましょう。

 

機能

■ボニックプロが大きく上回る

 

ボニックとボニックプロの最大の違いは機能です。ボニックは、超音波モードで体を温めてEMSモードで筋肉を刺激していました。
ボニックプロは体を温める機能として、

  • RF(ラジオ波)
  • キャビテーション

を同時に出力(HOTモード)。

 

そして、筋肉の刺激は、

  • EMS
  • キャビテーション

を同時に出力(SHAPEモード)します。

 

大きなポイントは、ボニックプロは旧ボニックにはないキャビテーション機能が使えることです。キャビテーションとは、超音波で脂肪細胞を破壊する機能のことです。痩身エステではトリートメントとして利用されています。

 

旧ボニックが発売された当時は、まだキャビテーションの技術がなく、超音波機能は体を温めるだけの性能でした。

 

しかし、ボニックプロのキャビテーションは、同じ超音波でも体を温めるだけでなく脂肪細胞を破壊する働きもあるため、痩身効果があります。

 

また、ボニックプロだけについているRF(ラジオ波)の機能も、痩身エステではお馴染みです。RFはラジオ波の刺激によって脂肪を溶かす効果があります。キャビテーションと似た機能ですが、セルライトに対してはRFの方が効きやすいです。

 

さらに、RFは新陳代謝を上げる効果もあります。ボニックとボニックプロの機能を比較すると、ボニックプロの方が上回っていることが分かります。

 

痛み

■ボニックプロの方が痛くない

 

EMS機能で心配なのが痛みです。EMSは電気信号なので、ピリピリとした特有の痛みを感じる場合があります。

 

旧ボニックは本格的なEMS機能を搭載したダイエット器具でしたが、同時にEMSの痛みが強くて続けられない人が続出してしまいました。

 

そこで、ボニックプロでは、旧ボニックのデメリットであった痛みを改善。ピリピリとした刺激が大幅に軽減されたため、EMS初心者の方でも安心して使用できるようになりました。

 

使いやすさ

■あまり変わらないがボニックプロの方が使いやすい

 

使いやすさを比較した場合、ボニックとボニックプロではほとんど変わりません。サイズはどちらもスマートフォンと同じくらいで小さいです。

 

唯一、違いがあるのは重量です。旧ボニックは320gなのに対して、ボニックプロは263gと軽量化されています。320gの旧ボニックでも十分に軽いのですが、ボニックプロの方がさらに軽くて使いやすくなっています。

 

施術時間

■ボニックの方が少し早い

 

ボディケアにかかる時間は、ボニックプロより旧ボニックの方がやや早いです。その理由はプレート面積が違うからです。

 

プレート面積は旧ボニックが7.5cmなのに対して、ボニックプロは4cmと半分くらい違います。そのため、旧ボニックの方が広い面積をボディケアできて施術時間は早いです。

 

ただし、施術時間が早いと言っても1〜2分程度しか変わりません。また、二の腕などはコンパクトなボニックプロの方が使いやすいです。

 

価格

■ボニックの方が安い

 

価格はボニックプロよりもボニックの方が安いです。理由は機能が大きく異なるからです。ボニックとボニックプロは、公式サイトから定期購入の3ヶ月コースで買うと最安値になります。

 

正規のボニックジェルを3本購入するのが条件です。本体だけを単品購入はできません。本体+ボニックジェル3本で総額は、旧ボニックが15920円、ボニックプロが20420円となります。両者の価格を比べると、旧ボニックのほうが4500円安くなります。

 

専用ジェル

■ボニックプロの方が優れている

 

ボニックは本体だけでなく専用ジェルもパワーアップしました。ボニックプロに付属するボニックジェル プレミアムリフトは、旧ボニックジェルに配合されていた保湿成分に加えて、肌の引き締め効果の高い成分が配合されています。

 

また、香りも良くなっており(洋梨の香り)、美容トリートメントとしての機能が向上しています。ただし、ジェル単品価格はボニックプロのボニックジェル プレミアムリフトの方が700円高くなっています。

 

その他

防水性能はボニック、ボニックプロともに標準搭載。どちらもお風呂の中で使用できます。充電完了までの時間に関しても、ボニック、ボニックプロともにほぼ同じです。

ダイエット効果が高いのはどっち?

ボニックとボニックプロで結局のところダイエット効果が高いのはどちらなのでしょうか?

 

答えは明らかで、ボニックプロの方がダイエット効果は高いです。

 

ボニックプロは旧ボニックから6年遅れて販売されました。6年の間、販売元の健康コーポレーションが試行錯誤を繰り返して機能を大幅にアップさせたのがボニックプロです。

 

特に、キャビテーションのトリートメント機能が搭載されたのが大きな変化です。脂肪を分解させることができるキャビテーションは、ボニックプロだけの機能となっています。

 

価格はボニックの方が4500円高いのですが、得られるダイエット効果を考えればボニックの方が圧倒的におすすめです。

 

逆に旧ボニックがおすすめな人は?

最新版のボニックプロではなく、あえてボニックを買った方がいい人は以下の通りです。

  • 少しでも時短したい
  • EMSの痛みに強い
  • 購入価格を安く済ませたい

プレート面積が大きい旧ボニックは数分の違いではありますが、ボニックプロよりも時短が可能です。また、購入価格もボニックプロより安いため、少しでも出費を抑えたい方におすすめと言えます。

 

ボニックの公式サイト

 

>>旧ボニックの公式サイトはこちら

ボニックプロ